第22回シンポジウムのご案内

日時 令和元年11月30日(土) 午後13時30分(受付開始) 14時(講演)

場所 川口総合文化センターリリア特別会議室(12階)(交通案内)

 今回は此れからの超高齢化社会向かって避けて通れない葬儀・墓地・宗教法人などのトラブルに関する法律問題です。
 ご多忙の所とは思いますが是非ご参加頂きたくお願い申し上げます。

テーマ:「墓と葬送の現在(高齢者を悩ませる法律問題)」

講師: 宗教法学者・大東文化大学大学院教授
     石川 美明  様

     明治大学大学院 法科研究科 民事法学専攻 修士課程修了 法学修士
     明治大学大学院 法科研究科 民事法学専攻 博士課程単位取得満期退学

     日本私法学会、宗教法学会、日米法学会所属

著書・論文
     葬儀と法律(2015年6月)、死の儀礼と法制度(2014年11月)、「わび」の思想と地球環境問題(2013年3月)他論文多数
     寺院・墓地トラブル 解決の手引き(2017年8月)、宗教法人をめぐる法律実務(2015年10月)、葬儀・墓地のトラブル相談(2014年11月)他著書多数

記念講演終了後懇親会(参加費1,500円)を行いますのでふるってご参加ください。


第13回総会及び第21回シンポジウムのご案内

日時 令和元年6月22日(土) 午後13時30分(受付開始)〜

場所 川口総合文化センターリリア特別会議室(12階)(交通案内)

総会 14時00分〜

    代表理事挨拶
議題
    1.議長選出
    2.平成29年度事業報告書承認の件
    3.平成29年度決算書承認の件
    4.平成30年度事業計画承認の件
    5.平成30年度予算書承認の件
    6.その他


総会の後、シンポジウムを行います(シンポジウムは会員以外の方も参加できます)

    受付 14時15分〜
    講演 14時30分〜15時40分

 今回は今日大変な注目をあびている地中熱利用の住宅技術をテーマに開催したいと思います。
 ご多忙の所とは思いますが是非ご参加頂きたくお願い申し上げます。

テーマ:「地中熱利用の住宅技術(地中エネルギーの活用住宅)」
           「再エネによる市民生活の安全保障」

       身近にある未利用のエネルギー=地中熱などの利用を促進
       して市民生活の安全・安心と快適さを確保する

講師:  埼玉県地中熱利用促進協議会・会長
渡邊理事長

     NPO法人環境住宅・理事長
     渡 邊  弘 美  様

     埼玉県地中熱利用促進協議会・専務理事
     依 田   修   様

記念講演終了後懇親会(参加費1,500円)を行いますのでふるってご参加ください。


第20回シンポジウムのご案内

私達の社会は世界でも類を見ない超高齢者社会に向かって一直線に進んでいます。
 これからの社会をどう築くのかについての世界モデルはないのです。
 私達がひとりひとり考えて実践していくほかありません。
 そのひとつとして国をあげて取り組んでいるのが「地域包括ケアシステム」です。
 一体このシステムとはどのようなものなのでしょうか。そしてこのシステムを運用する人々はどのような方なのでしょうか。
 今回のシンポジウムは、こうした視点からこの分野において浜松市でご活躍されている 河合先生をお招きして講演をしていただきます。
 どうかご参加いただき活発な意見交換をされますようご案内申し上げます。


日時 平成30年11月17日(土) 午後13時30分(受付開始) 14時(開演)

場所 川口総合文化センターリリア特別会議室(12階)(交通案内)

テーマ:『地域包括ケアシステムをどう構築するのか』

講 師:河合医療福祉法務事務所  代表 河合吾郎 先生
河合吾郎先生

     行政書士・社会福祉士・医療経営士(3級)・個人情報保護士
(略歴)
静岡県立浜松湖東高校 卒業
中央大学経済学部国際経済学科 卒業
社会福祉法人聖隷福祉事業団 聖隷浜松病院にて10年間医療事務職に従事後、独立開業し、医療機関の支援を行うこと で、地域医療の発展に貢献することを目指している。現在浜松市において行政書士、税理士、社労士、弁護士らと浜松医療福祉経営サポートチームを編成して社会的活動に従事されている。
医療専門誌「ばんぶう」、他医療福祉関係の論文を多数掲載する外、多方面のセミナーを開催

先生のご活躍の様子はこちらでご覧いただけます。

入場料は無料です。

記念講演終了後懇親会(会費1500円程度)を行いますのでふるってご参加ください。


第12回総会及び第19回シンポジウムのご案内

日時 平成30年5月26日(土) 午後13時30分(受付開始)〜

場所 川口総合文化センターリリア特別会議室(12階)(交通案内)

総会 午後14時〜14時20分

    代表理事挨拶

    1.議長選出
    2.平成29年度事業報告書承認の件
    3.平成29年度決算書承認の件
    4.平成30年度事業計画承認の件
    5.平成30年度予算書承認の件
    6.理事選任の件


総会の後、シンポジウムを行います(シンポジウムは会員以外の方も参加できます)
     14時20分〜15時40分

   今回は『テレホン人生相談』でおなじみの大迫恵美子弁護士のお話です。
テーマ:今、すぐそこにある消費者被害 あなたも、あなたの家族も狙われている
講師: 弁護士 大迫恵美子 先生

主な活動:
   日本弁護士連合会 消費者問題対策委員会 副委員長
   東京弁護士会 消費者問題特別委員会 委員
    (2012年4月〜2014年3月 委員長)
   日本弁護士連合会 消費者問題特別委員会 金融サービス部会 委員
    (2010年6月〜2012年5月 ブ会長及び服委員長)
   全国証券問題研究会 委員
    (2013年〜2015年 幹事長)
   先物取引被害全国研究会 会員
    (2007年5月〜2009年4月 代表幹事)
   東京投資取引被害者救済委員会 委員
   東京都消費者被害救済委員会 委員
   クレジット・リース被害者対策弁護団 事務局長
   立教大学法科大学院 非常勤講師
   ニッポン放送「テレホン人生相談」 回答者

記念講演終了後懇親会を行いますのでふるってご参加ください。


第18回シンポジウムのご案内

今回は県民生活の安全のために日夜努力をされている埼玉県警のご協力をいただき、
「暴力団の現状」「薬物事犯の現状」をテーマにご講演をいただくことになりました。


日時 平成29年5月27日(土) 午後13時30分(受付開始)〜

場所 川口総合文化センターリリア特別会議室(12階)(交通案内)

     14時00分〜

テーマ:市民生活の安全と警察の役割

講師: 埼玉県警察本部刑事部組織犯罪対策局捜査第四課暴力団排除対策室
    新井 勇之進 氏
    
    埼玉県警察本部刑事部組織犯罪対策局薬物銃器対策課
    大橋 敦 氏

入場量は無料です。

記念講演終了後懇親会(会費1500円)を行いますのでふるってご参加ください。


第11回総会及び17回シンポジウムのご案内

日時 平成29年5月27日(土) 午後13時30分(受付開始)〜

場所 川口総合文化センターリリア特別会議室(12階)(交通案内)

総会 午後14時〜14時20分

    1.議長選出
    2.平成28年度事業報告書承認の件
    3.平成28年度決算書承認の件
    4.平成29年度事業計画承認の件

総会の後、シンポジウムを行います(シンポジウムは会員以外の方も参加できます)
     14時20分〜15時40分
テーマ:平安時代の女性の家族と生活
講師: 服藤 早苗 先生 ご活躍の様子はここ ブログはこちらから
服藤早苗先生

略歴: 1971年 横浜国立大学教育学部卒業 小学校教諭となる
1977年 東京教育大学文学部卒業
1980年 お茶の水大学大学院人文科学研究科修士課程終了
1986年 東京都立人文科学研究科博士課程単位取得
1992年 「家成立史の研究―祖先祭祀・おんな・子ども」で東京都立大学文学博士
2001年 埼玉学園大学教授に就任
2009年 埼玉学園大学人間学部長
2015年 定年退職、名誉教授

著書:「平安朝の母と子」等多数、共著多数
    NHK総合テレビ、NHK教育テレビで講師、出演多数


記念講演終了後懇親会を行いますのでふるってご参加ください。


NPO法人市民生活安全保障研究会 第16回シンポジウムのご案内

日時 平成28年11月12日(土) 開場午後1:30 開演午後2:00

場所 川口総合文化センターリリア特別会議室(12階)(交通案内)

『市民生活の安全と行政の役割』
講師:木下 達則 先生(さいたま市前副市長)
経歴:中央大学法学部卒業
   昭和47年 埼玉県庁入庁
   平成8年 岩槻市助役に就任
   平成17年 (財)埼玉県下水道公社理事長(埼玉県より派遣)に就任
   平成18年 鳩ケ谷市長に就任
   平成24年 さいたま市副市長に就任
   平成28年 さいたま市副市長を辞任


第10回総会及び14回シンポジウムのご案内

日時 平成28年6月11日(土) 午後13時30分(受付開始)〜

場所 川口総合文化センターリリア特別会議室(12階)(交通案内)

総会 午後14時〜14時20分

    1.議長選出
    2.平成27年度事業報告書承認の件
    3.平成27年度決算書承認の件
    4.平成28年度事業計画承認の件

総会の後、シンポジウムを行います(シンポジウムは会員以外の方も参加できます)
【一部】
20160517-kondou.jpg

     14時20分〜15時20分
テーマ:認知症とその対応
講師: 近藤 豊 先生
略歴: 昭和55年   プロボクシング東日本新人王戦 出場
昭和58年8月 行政書士事務所開業(大学在学中)現在に至る
平成 9年5月 埼玉県行政書士会 理事に就任(〜平成19年迄)
平成11年5月 川口市議会議員当選
平成11年    NPO法人川口介護センター設立(現顧問)
平成16年10月 NPO法人行政法務成年後見センター設立 理事長就任
平成27年4月 行政書士会川口支部 支部長就任
株式会社ジョイライフ 取締役兼施設長
株式会社川口相互タクシー 社外取締役
株式会社川口介護センター 代表取締役
NPO法人 行政法務成年後見センター 理事
NPO法人 市民生活安全保障研究会 理事
著書:平成 7年   童話集「心の忘れ物」新風舎から出版
平成13年8月 絵本「何のために生まれたの?」埼玉新聞社から出版

【二部】
     15時25分〜15時45分
テーマ:認知症と損害保険
講師:東京海上日動火災保険株式会社
埼玉中央支店営業課長  田 島  淳 氏
同   営業課長代理  山 下 領 一氏


記念講演終了後懇親会を行いますのでふるってご参加ください。


第13回シンポジウムのご案内

日時 平成22年11月28日(土) 開会午後2時〜

場所 川口総合文化センターリリア特別会議室(12階)(交通案内)

消費者が知っておくべき通販の賢い利用術
〜「広告表示」の注意点や現場のトラブル事例〜
20151001-watanabe.jpg


 何時何処からでも欲しいものが手に入る便利な通信販売、その便利さとは裏腹に思いがけないトラブルに巻き込まれることもあります。
通販事情に精通した渡辺先生をお招きしてその具体的な事例をお伺いしながら安全な利用法を学び快適な通販生活をエンジョイしましょう。
また、通販業務に取り組んでいる方、通販業務に興味がある方にも参考になるお話が伺えると思います。

講師:渡辺友絵先生(一般社団法人 通販エキスパート協会代表理事)

講師略歴: 音楽出版社などを経て(株)通販新聞社に入社し、「週刊通販新聞」および「月刊ネット販売」の編集長を務める。その後、個人事務所通販研究所を立ち上げ、通販業界の取材・執筆や各種セミナー講師、企画・コーディネート業務などに携わる。2009年に一般社団法人・通販エキスパート協会を立ち上げて代表理事に就任し、2010年より「通販エキスパート検定」試験を運営する。現在、日本ダイレクトマーケティング学会会員、(社)日本印刷技術協会客員研究員、一般社団法人ECネットワーク研究員。著書に「通販業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本」、共著に「通販エキスパート検定公式テキスト」がある。

終了後懇親会を行いますので奮ってご参加ください。


第9回総会及び12回シンポジウムのご案内

日時 平成27年5月28日(木) 午後13時15分〜

場所 川口市民ホール『フレンディア』川口駅前キュポラ4階

総会 午後13時30分〜13時45分

    1.議長選出
    2.平成26年度事業報告書承認の件
    3.平成26年度決算書承認の件
    4.平成27年度事業計画承認の件

総会の後、記念講演を行います(講演会は会員以外の方も参加できます)
     13時45分〜15時15分
テーマ:医療保険の現在の問題点と将来について
講師:医師 松本吉郎 先生
略歴: 昭和29年8月1日生まれ
    昭和48年3月 東京都立立川高等学校卒業
    昭和55年3月 浜松医科大学医学部医学科卒業
    昭和55年6月 浜松医科大学皮膚科などを経て
    現在 大宮医師会会長

公職:大宮医師会会長
    さいたま市4医師会連絡協議会議長
    日本医師会代議員
    日本医師会地域医療対策委員会委員
    埼玉県医師会代議員
    埼玉県医師会産業保健委員会委員
    埼玉県医師会母子保健委員会委員長
    さいたま市地域保健医療協議会委員長
    その他多数

著書: さいたま市の小児時間外救急医療体制 −大宮休日夜間急患センターの役割−(日本医師会雑誌 平成27年2月号)
    埼玉県における小児在宅医療を推進するために −第3回小児在宅医療研修会から−(埼玉県医師会誌 平成27年3月号)
    ストレスチェック制度の導入について(埼玉県医師会誌 平成27年1月号)
日本医師会地域医療対策委員会報告 −地域医療構想(ビジョン):地域連携型医療法人制度との関係について−(埼玉県医師会誌 平成27年1月号)
    青少年を蝕む危険ドラッグへの警鐘 −改正薬事法−(埼玉県医師会誌 平成27年2月号)
    新しい医療関連用語から学ぶ 〜メディファックス等を読み解くために〜(埼玉県医師会誌 平成27年3月号)
    医療機関を投資の対象とするヘルスケアリートは阻止すべきである(埼玉県医師会誌 平成27年4月号)
    医療保険を守るためには介護保険を守る必要がある −関連分野での開放項目に注目しよう−(埼玉県医師会誌 平成25年7月号)
    地域包括支援センターについて 〜概要と埼玉県内の設置状況〜(埼玉県医師会誌 平成26年3月号)
    病床機能報告制度と地域医療ビジョン策定の影響について(埼玉県医師会誌 平成26年8月号)
等々多数

記念講演終了後懇親会を行いますのでふるってご参加ください。